屋久島のベスト旅行 | 萌未ハウジング

RC-Z社長のブログBlog

屋久島のベスト旅行

西東京を中心に高性能コンクリート住宅のRC-Zの家創りをしている萌未ハウジング社長のブログです。

 

明けましておめでとうございます。

今年のお正月は長めに休みを取り 屋久島に妻と二人で結婚25年の記念旅行に行ってきました

結婚以来二人での旅行は初めてに近く 屋久島を満喫してきました

5日の朝早く羽田から鹿児島経由で屋久島へ

空港でガイドのなんちゃん(美屋久)に出迎えてもらい そのまま白谷雲水峡へトラッキング

この時期の屋久島はシーズンオフでほとんど観光客はいません

年初めに雪が降り宮之浦岳は白くなっていました

出迎えてくれたのは屋久猿に屋久鹿 人を見ても逃げることもなく 平然としている猿と鹿

自然と人と動物が一体化しているようでした

苔むす森(もののけの森)から太鼓岩 春から夏にかけては渋滞ができるほどの混雑ぶりのようですが

人に会うこともなく独占してきました

     

 

屋久島は独特の宿泊形態です

白谷雲水峡や縄文杉へのトレッキングが朝早くからでないと帰って来れないからなのか

素泊まりの民宿やホテルが多く 食事はカフェレストランなどで取るようです

あいにく正月三が日を過ぎた年始のシーズンオフで

観光客も少ないので 閉めているところがほとんどでした

私たちは宿泊を森のフェアリーさんで 食事は向かいのヴィータさんで取りました

花が飾られたお部屋で迎えられ 美味しい食事はほんとに満足いくものでした

ガイドのなんちゃんも 森のフェアリーさんも ヴィータさんも島外からの移住者

屋久島は移住者にもやさしい島のようです

いよいよ2日目は目玉の縄文杉へのトレッキング

朝4時過ぎになんちゃんに迎えに来てもらい 朝食の弁当を受け取り登山入口へ一番乗り

しかしながら当日は雨 でも防水ウェアとトレッキング靴を前日レンタルしておいたので準備万端

懐中電灯をたよりにトロッコ道をひたすら前へ

何千年も前からたたずむ屋久杉

雪も残る中 雨がかえって屋久島らしさを醸し出していました

霧のかかった森や苔から滴り落ちる雫

ウィルソン株のハートは記念旅行を祝ってくれているかのようで

そして いよいよ 縄文杉との対面

幻想的に佇む姿に圧倒され感激

5時間近く歩いて会いに来た価値を十分に満たしてくれ

休憩所で食べたカップラーメンは最高でした

最終日は一日レンタカーを借り屋久島を周遊 昼食はきらんくやさんのおいしい日本そば

最後につかれを癒すために泊まったサンカラさんは 異国のホテルのようで

プールサイドからの種子島を望み一刻ごとに変わる海と空の景色は

最高のオーシャンビュー 仕事も忘れ心を洗い流してくれるようでした

 

四季それぞれの屋久島があり 魅せられた人々が屋久島の良さを伝えてくれ

最高の記念旅行になりました

皆さんも 是非機会があったら屋久島を堪能してください

PS : 美屋久のブログ に載せていただきましたので覗いてみてください

 

西東京市 新町 2-10-1  有限会社 萌未ハウジング 042-465-8980  moemi@mocha.ocn.ne.jp

メールはこちら