建築士講習での社会貢献について | 萌未ハウジング

RC-Z社長のブログBlog

建築士講習での社会貢献について

西東京を中心に高性能コンクリート住宅のRC-Zの家創りをしている萌未ハウジング社長のブログです。

 

先週一級建築士の定期講習を受けてきました

姉歯問題からの改正で3年に一度講習を受けなければならなくなりました

一日みっちりの講習に考査 時間が足りなくなるほどの考査でした

講習の中で 建築士は 建物を設計するというだけでなく

医師や弁護士と同じように社会貢献しなければならないという話がありました

建築士として32年の月日が経ち 還暦目前で ここのところ色々な相談や問い合わせがあります

業界には今なお数多くの問題が存在しているようです

何千万もの私財をかけてマイホームの夢を叶えられるよう

少しでも役に立つことができればという思いが少しづつ強くなってきました

ほとんどがボランティアに近い相談ですが 相談に乗ることが社会貢献にもなるとのおもいでいます

今年も天職としてのこの仕事に 邁進していくつもりです

 

西東京市 新町 2-10-1  有限会社 萌未ハウジング 042-465-8980  moemi@mocha.ocn.ne.jp

メールはこちら