型枠壁の珍しいベストな建込方法です | 萌未ハウジング

RC-Z社長のブログBlog

型枠壁の珍しいベストな建込方法です

西東京市を中心に高性能コンクリート住宅のRC-Zの家創りをしている萌未ハウジング社長のブログです。

     

文京区千石の現場

コンクリート間仕切り壁の型枠建込です

一般的なベニヤ (コンクリ―トパネル) 型枠の場合 コンパネに四方に桟木を打ち付けたパネルを

下にパッキンをはさみながらレベルを合わせて建て込んでいきます

当社では 建込の地墨に桟木を打ち付け そこにコンパネのジョイントや開口位置を墨出をし

そのコンパネジョイント位置に 縦桟木のセンターを合わせて取付します

下の桟木と同じに墨付けした横桟木を上のスラブ (床)より上の高さに繋ぎを用いながら取付けます

次に建てた縦桟木にコンパネのジョイント高さを墨出しをしてセパ穴を開けたコンパネを打ち付けます

後は このコンパネの上にコンパネを重ねて貼っていきます

メリットは一本の桟木に2枚のコンパネを打ち付けるのでベニヤの目違いがないこと

下の取付部分のコンクリートの高さが水平でなかったり 勾配でもうまく建て込むことができますし

入隅 出墨もきれいに納まります

外壁回りの内側型枠もこの方法で建て込み パイプで締め込んだ後に上の床型枠を貼ると四角い箱ができます

この真四角の箱は高さも壁の通りもまっすぐなので蹴とばしてもびくともしません

鉄筋を組んだ後に外壁のパネルをふたすれば 外壁も通りが通った まっすぐな建物ができるわけです

初めてこの建て方を見たときは理にかなった施工方法にうなってしまいました

昨年亡くなった型枠大工の親方が考えたこの方法で数多くの打ち放し型枠を施工してきました

他の型枠大工さんが来ると 何やってるのといつも言われていました

残念ながら現在は外壁回りの内側はコンパネではなく Zボード (複合断熱材) を使用していますので

間仕切り壁での使用しかできないのが残念です

次回は 壁配筋ですので是非覗いてください

 

西東京市 新町 2-10-1  有限会社 萌未ハウジング 042-465-8980  moemi@mocha.ocn.ne.jp

メールはこちら