スラブ型枠は断熱材付きベニヤ打込み | 萌未ハウジング

RC-Z社長のブログBlog

スラブ型枠は断熱材付きベニヤ打込み

西東京市を中心に高性能コンクリート住宅のRC-Zの家創りをしている萌未ハウジング社長のブログです。

 

  

文京区千石の現場

スラブ (2F 床) の型枠組です 在来工法との違いは 型枠として断熱材付ベニヤを使用しています

2Fの中間層の床ですと断熱材は使いませんが 天井下地を組まないでプラスターボード (PB) を直貼する場合に

ビスがコンクリートに当たらないように また熱橋 (スラブ部分の外壁からの熱が伝わる)もあるので

スチレンフォームにベニヤを貼った複合板を特注して使用しています

ケイカル板のZボードだとPBをビスを留めるには天井だと強度不足なので

中間層の場合は20mmのスチレン 最上階の場合は50mmのスチレンに9mmのラワンベニヤです

 

次回は コンクリート打設です 是非覗いてください

 

西東京市 新町 2-10-1  有限会社 萌未ハウジング 042-465-8980  moemi@mocha.ocn.ne.jp

メールはこちら