打ち放しよりも断熱をしないと身に堪えます | 萌未ハウジング

RC-Z社長のブログBlog

打ち放しよりも断熱をしないと身に堪えます

西東京を中心に高性能コンクリート住宅のRC-Zの家創りをしている萌未ハウジング社長のブログです。

 

今週から 30年近く前に携わったお客様の家のプチリフォームをしています

以前超有名な設計事務所の副所長のご自宅なのですが 水廻りの住設機器の取替

そしてダイニングの内装なのですが 内外壁 天井もコンクリートの打ち放しなので

暑さ寒さに耐えられないということで 断熱を兼ねた仕上げに変更

当時はあまり断熱に対する意識も薄く 内外打ち放しがはやった時期もあり

また有名建築家による打ち放し建築への憧れもあったりで

「武士は食わねど高楊枝的な」暑さ寒さよりかっこよさを望まれたのでしょうが

さすがに年を重ねると耐えられなくなったようです

いまでも知り合いの設計事務所の方のご自宅の数件が内外打ち放しの建物があります

ご自宅で実験されて 断熱の大事さを知ってお客様の家には必ず断熱するということならいいのですが

コンクリートの建物は暑いし寒いという概念がまだ少なからずあるので 身をもって その払拭をして欲しいですね

 

西東京市 新町 2-10-1  有限会社 萌未ハウジング 042-465-8980  moemi@mocha.ocn.ne.jp

メールはこちら